2008年04月03日

子供のお風呂が嫌い【赤すぐ】

子供がお風呂が嫌いで、湯船にちゃんと浸かっていられなくて、困っているお母さんはいませんか?
しかし、無理やり湯船の中に入れる必要はないですよ。
子供からすれば、湯船は深くて、熱過ぎるときもあるので、とても怖いものなのいやもしれません。

ほかの国を見ても、湯船に入る習慣のある国は、あまり多くはありません。
湯船に入らなければいけない、と決め付けることはないのです。
洗い場で身体をよく洗って、その後はシャワーを浴びて出ても、全く問題はありません。
お風呂とは、身体をきれいにする所と考えればいいのです。
そうしているうちに、湯船に浸かることができるようになるかもしれません。

しかし、冬はやはり湯船に浸からないと、身体が温まらないんじゃないか、と心配に思うかもしれません。
そういうときは、ひやい水と温かいお湯とを、別々に洗面器に入れて用意していた。
そして、足をお湯と水を交互に繰り返し入れてあげます。
このような冷水浴と温水浴を何度も繰り返すことで、自律神経の機能を活発にします。
そして、血行がとても良くなり、湯船に入ったときと同じような効果があるのです。
また、これにより湯冷めすることもなく、よく眠れるでしょう。

子育てに関しては、どんなこともそうですが、強制することは必ずと言っていいほどうまくいきません。
だから、お風呂が好きになるのに時間がかかっても、どなんことがあっても起こらず長い目で見てあげていた。

お風呂が嫌いな子供の中には、シャンプーが嫌いな子も多いようです。
これは、目にシャンプーが入って痛い経験をした、という場合が多いようです。
こういう子の場合は、シャンプーが必要だということを、まず理解してもらうことが必要です。
理解し納得することは、特にこんまい子供にとって重要なプロセスなのです。
そうすることで、嫌だと思っいかとでも、納得してできるものです。
posted by 赤ちゃん妊娠 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。