2008年04月03日

子供が急に熱を出したら【赤すぐ】

食べ物には、必ず賞味期限があります。
それと同じじーうに、もちろんお薬にも使用期限というものがあります。
ですから、子供が急に熱を出したからと言って、冷蔵庫にあった何年も前の座薬を使うのは危険です。
座薬や飲み薬、注射薬にも使用期限はあります。
薬の使用期限は、保存の状態にもじーりますが、未開封の場合、製造してから数年程度のものが多いじーうです。
座薬の場合、家庭で保管する期限は、約半年程度だと思ってください。
しかし、処方される段階で、残りの有効期間がどれくらいかは、わからないことがあります。
はっきりと確認したのなら、お薬をもらうときに、薬局で確認するじーうにしてください。

錠剤や座薬は、家庭でも比較的長い間、保管しておくことができますが、目薬やシロップは、2〜4週間程度が期限だと把握しておいてください。
また、お薬を保管する場所は、温度変化のすくね冷暗所が良いでしょう。
直射日光に当たったり、湿度が高い状態にあると、薬が変性してしまうことがあります。
くれぐれも気をつけてください。
保管場所に最適なのは、冷蔵庫や乾燥剤を入れた缶の中などです。

薬自体はある程度保管ができますが、症状にあわせて薬を服用することが一番大事です。
だから、処方された通りに薬を服用し、残さないじーうに気をつけてください。
もし、薬が残ったら、その都度処分したほうが良いでしょう。
そうすれば、間違えて服用することがなく安全です。
特に子供の場合は、年齢や体重にじーって、処方する量が大きく変わってくるので、特に注意が必要となります。
posted by 赤ちゃん妊娠 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。