2008年04月10日

子供の車酔いの対処法

子供が車酔いしやすいと、なかなか車でお出掛けするのはいたしいですよね。
そこで、こみゃぁ子供さんの車酔いの対処法を紹介します。

まず、運転の仕方を気をつけのうちゃぁいけん。
急に加速したり、減速したりといったスピードの変動が、なるべく少ないほうが車酔いしにくくなります。
そのため、車が動き始めるときにゃぁ、アクセルをぼちぼちと踏んでつかあさぃ。
ブレーキをかけるときも、はやぁうちにスピードを落とすようしてつかあさぃ。
早ぁ話がの、一定のスピードで走るようにし、発進や停車をぼちぼちとするゆう、安全運転を心がけることが、一番酔いにきいゆうことです。

また、車独特の臭いによって、酔いを引き起こすこともあります。
じゃけぇ、換気をこまめにし、また芳香剤などを使って、子供さんが気に入った香りにして、快適な空間になるように工夫してみてつかあさぃ。
気を紛らせるように、歌をうたったり、しりとり遊びなどして、楽しゅう過ごせるようにしてつかあさぃ。
絵本など、絵や字を見るのは、酔いやすいけぇ止めてつかあさぃ。
炭酸飲料や飴なども、気分転換に立つ場合もあります。
そのほかにゃぁ、みかんなどの柑橘類もええようです。
準備しとくとええですね。

へぇでも酔い始めてしもうたら、できるだけ車を停めてあげてつかあさぃ。
車から降りて、新鮮な空気を吸うことで、気分転換になります。
酔い始めたばあなら、ちぃと休憩をとることで、ようなることが多いです。
このときも、炭酸飲料などを飲むと、すっきりとした気持ちになるじゃろう。

また、以前に車酔いや嘔吐したことを思い出し、その恐怖心から再び車酔いを起こしてしまうこともあります。
何度か車酔いせんかった、ゆう成功を繰り返すことで解消されるじゃろう。
事前に酔い止めの薬を使用する方法もあるけぇ、かかりつけの病院で相談してみるとええじゃろう。
ラベル:車酔い
posted by 赤ちゃん妊娠 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。