2008年04月23日

あいさつできない子供

ねんねさんが、悪いことと認識しとるがに「ごめんなさい」と言えなかったちゃり、何かしてもらっても「あんがと」と言えないと、かーちゃんは悩んでしまいますよね。
ただ、そんな時、無理やり謝らせようとしたり、感謝を強要するのはやめた方がいいやろ。

あいさつとは、自分の気持ちを相手に伝えることながいちゃ。
それを、ひっとつも気持ちも込めず、ただ礼儀として言葉だけ言わせても、何の意味もないがいちゃ。
ねんねは、かーちゃんやとーちゃんが、相手に対して謝ったり感謝しとるところを、日常的に見ていれば、ねんねも自然とその意味を理解することができ、あいさつもできるようになるはずですちゃ。
もーとも、焦ることはないがいちゃ。
かーちゃんたちが、見本となれるように心がけましょう。

ねんねの特性として、親の行動を真似するということを、覚えておかないとあかんがいちゃ!
親が謝罪や感謝の気持ちを、心を込めてゆうことができとらんのなら、ねんねも必ず同じようなあいさつの仕方をするやろ。
つまり、見本となるかーちゃん自身が、相手に誠意を心の底からみせることを、心がけなくてはだちかんがいちゃ。
また、ねんねさんと「こんなときに謝ろうね。」とか「〜してあたったときは、あんがとと言おうね。」と、話し合うことも大切ですちゃ。
そうすれば、よりその意味を理解できるとおもがいちゃ。

たとえ、言葉の通じない外国の人に対しても、誠意ある謝罪の気持ちや、心のこもった感謝の気持ちは伝わってくるもがいちゃ。
相手に伝えようとする真心があれば、必ず気持ちは伝え合うことができるがいちゃ。
posted by 赤ちゃん妊娠 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。